スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロウイルスの症状について

ノロウイルスの発熱は37~38度くらいの、
微熱程度ですむことが多いようです。

その後、症状に個人差はありますが、
多くの人は、差し込むような腹痛、
きつい吐き気と、下痢に見舞われます。

人によっては、突発的に激しい吐き気、嘔吐、
下痢が一日に何十回と続いて、
大変苦しい症状になることがあります。

主な傾向として、乳幼児は嘔吐、
成人は、下痢の症状が特にきつく見られます。

しかし中には、通常の風邪と思うような症状で、治ってしまう人や、
感染していても、症状が発症しない人が、2~3割はいるようです。

ノロウイルスは、適切な処置を受けると、
後遺症もなく数日で回復することができます。

「何かおかしいな?」と思った方は、
自己判断せず、すぐに、お医者さんに診てもらいましょう。

~ノロウイルスの主な症状~
・突発的に発症
・感染から発症まで短期間(1~2日)
・主な症状は、吐気や嘔吐、下痢、腹痛
・発熱しても高熱にはならなし
・成人は下痢、乳幼児は嘔吐の症状が多い
スポンサーサイト

食事でインフルエンザの予防

インフルエンザの予防だけでなく、
あらゆる病気の予防には、免疫力と体力が不可欠です。

しっかりした睡眠を取り疲れを取って、
体力保持と、栄養をバランス取りましょう。

栄養素の三大要素は、
糖質、タンパク質、脂質とされていますが、、
免疫力、体力に必要な栄養素は、タンパク質です。

タンパク質の主な役割は、体の修復です。

また、身体の抵抗力を、
高める免疫抗体の主成分でもあります。

ですから、タンパク質不足は、
免疫力、抵抗力の低下に繋がります。

毎日の食生活の中で、
良質のタンパク質を取るように心がけましょう。

そして、タンパク質の生成や、
働きを高めるのに欠かせない栄養素がビタミンです。

病気の予防には、栄養バランスのよい食事を、
摂ることが大切になってきます。

普段の食事で、これらの栄養素を、
十分摂取出来ない場合は、サプリメントなどを、
利用する方法もオススメです。

家庭でのインフルエンザ予防

秋、冬にかけてインフルエンザの流行は、
拡大すると言われています。

今回の新型インフルエンザは、多くの症例が軽症ですが、
やはり、予防するのにこしたことはありません。

感染しなように、しっかりと対策しましょう。

~家庭でのインフルエンザ予防~

①.外出後の手洗いとうがい
15 秒以上、石けんで洗い、流水で流しましょう。

②.マスクの着用
ある程度、ウイルスが、
体の中に入ってくるのを防ぐことができます。
また、感染した場合に、
ほかの人への、感染を防ぐ効果もあります。

③.人混みに行かない
不要不急の外出は自粛して、
人混みは、なるべく避けましょう。
電車などの、公共交通機関を使用する際は、
マスクの着用など、十分な予防対策をとりましょう。

④.バランスの良い食事と十分な休養
体力、抵抗力を高めましょう。

自分で簡単にできるノロウイルス予防

ノロウイルスは、ウイルス、細菌に汚染された、
食品や飲料水などを介して発病します。

その予防で、最も重要で、有効な予防方法は、
なんといっても洗いと、うがいです。

特に、小さな子供がいる家庭では、食事前、
排便後の手洗い、習慣づけることが重要になってきます。

また、症状のある方と、
タオルを共用してはいけません。

そして、手洗いの重要なポイントは

・手のひら
・指先
・指の股
・親指
・手の甲
・手首

以上の6つをしっかりと洗うことです。

洗うときは、指輪などのアクセサリーをはずして、
流すときは、流水で30秒くらい流しましょう。

共用タオルは、家庭に感染者がいると、
感染の恐れがあるので、自分用のタオル、
又は、使い捨てのペーパータオルを使用すると良いでしょう。

お茶でインフルエンザ予防

緑茶、紅茶、ウーロン茶には、どれも同程度の
インフルエンザに対して予防効果があります。

これらのお茶には含まれているカテキンは
インフルエンザの菌に結合し
ウイルスの感染力をなくしてくれるのです。

その効果は一般的に飲用する緑茶の
4分の1の濃さでも得られるので、
出がらしでも十分な効果があります。

ウイルスは、一度でも感染力をなくすと
再感染しないと言われているので、
うがいの後に、お茶を飲むとよいでしょう。

また、イソジン等で、うがいをすると、
体にとって必要な常在菌まで殺してしまいます。

お茶うがいなら、風邪やインフルエンザウイルスだけを
除去することができるので、うがいをする時は、
お茶を使うのがオススメです。

インフルエンザ予防・入浴法で免疫力アップ

体は温めると、全身の細胞内で「HSP」というタンパク質が作られます。

HSPというのは、熱によって増えるタンパク質で
ストレスなどで、細胞内のタンパク質が傷つくと、
それを修復したり、免疫力を高めたりする働きをしています。

なので、体を温めることでHSPは意図的に増やす事が出来ます。

HSPは、老化予防や、ガンなど様々な病気の治療、
運動能力の向上にも役立ってくれます。

この効果を家庭で得る為には、
入浴時に、温度をあまり上げずに体の芯からしっかり温める
ゲルマニウム温浴による「マイルド加温」がお勧めです。

商品の詳細は以下の通りです。
インフルエンザの予防にも効果的なので、
興味のある人は、お試し下さい。

銀座まるかん 【NO1温浴剤】金額:4200 内容量400ml

天然保湿成分である有機ゲルマニウムをと配合し
渇藻エキスが新陳代謝を即し、
お肌を、しっとりとしたハリのある状態整えます。

また、渇藻エキスと水圧によりマッサージ&発汗作用があり
血流の流れを改善して、老廃物、余分な水分の排出を促します。
プロフィール

moenonies

Author:moenonies
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
健康系ブログサイト
タグ

睡眠時間  目覚め サプリメントの効果 カリウム 筋肉痛 健康 めまい マッサージ 

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
  • SEO
  • loading
  • 殺し文句は「ある意味、健康!」
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。